リトアニア ヴィリニュスの街を訪ねて(2017年5月)

 

2017年5月30日 〜 6月13日までの間、リトアニアとラトビア、エストニアとフィンランドの国々を訪ねてきました。

また少しではありますが、旅の軌跡をご紹介させてくださいませ。

 

 

今回の旅の最初の目的地はヴィリニュス新市街と旧市街。

陶芸作家さんと革職人さんのアトリエを尋ねる事が目的です。

 

 

夏至の近いこの時期は、旧市街のpilies stが盛り上がりを見せていました。

露天も多く出ており、観光客も多めでした。

 

 

夏は市場も活気があり、果物がリーズナブルな価格で売られていました。

いちごやブルーベリー、スイカやプラムなど、旬な果物が所狭しと並べられています。

いちごは大きめなプラスチックカップ山盛りで2e前後(250円位)と、うっかり購買意欲をそそられてしまう価格でした。

 

 

目的の一つのアトリエは開いていませんでした。

思いっきり営業時間内だったのですが、誰もいません。

自由ですね。良いと思います。

 

 

別のアトリエとお店を訪ねに UZPIS地区へ。

街並みがとても可愛らしいです。

 

 

ヴィリニュスの街にも愛の南京錠がありました。

パリのそれと比べたらとても可愛らしいレベルです。

 

 

フィンランドほどではありませんが、リトアニアもこの時期は日が長いです。

暗くなるのは22時頃でしょうか。

その為、お店やアトリエの閉まる19時以降も街をぶらぶら歩き楽しむ事ができます。

この日はベタに観光名所のゲディミナス城へ。

 

 

無料で徒歩で登る事が出来、ヴィリニュスの旧市街を一望する事が出来ます。

晴れていれば絶景な上に風がとても気持ち良く、個人的に大好きな場所です。

 

日中に行くと人が多いみたいですが、夜の時間帯に行くと人が少なく最高です。

確か夏の時期は21時頃まで入口が解放されていると思います。

 

 

登る途中ではヴィリニュス新市街を一望する事も出来ます。

 

 

こちらはネリス川です。

この川を境に旧市街と新市街の街が聳え立っています。

 

 

街中を走るレトロなトローリーバス。

 

 

リトアニア博物館前の広場。

人間観察に最高の場所です。

 

 

ヴィリニュス大聖堂の広場では常にイベントが行われております。

若者からご年配の方々まで市民皆が立ち寄る憩いの場のようです。

 

 

ヴィリニュスでは自分のペースでゆっくりと目的を果たし、いつもの通り心地良い滞在をさせて頂きました。

3日間の滞在の後、ラトビアのリガへと向かいます。

 

続く

2017年08月01日 | Posted in 買い付けの旅 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です